バストス婦人会
主な内容

    バストス婦人会の発足は1993年11月17日である。バストス日系文化体育協会に属し通称バストス婦人会と呼ばれている。 当時の文化協会の会長竹内不可止氏は文化協会内に婦人部がないのはやもめのようで、文化協会が骨子とする日本文化の継承にも婦人部の活動は不可欠であり、 期待すること大であるとの見地から婦人会の設立を強く望んだ。かくして早速発足に踏み切り、初代会長に竹内みやこ、他、4人の副会長が選ばれた。

    現会長は 豊島綾子、他3人の副会長大野ルイザ、上村マルガリーダ、畑山エジナがいる。任期は2年で、この間 副会長が順番に 会長に昇格する仕組みになっている。現会員は111名、活動はコーラス、盆踊り、宴会などの仕出し、音楽、慰安旅行、第3世代(70才以上)の慰安活動、などである。

    因みにバストス婦人会の結成は今度2回目で、最初の婦人会は50年ほど前に結成されずいぶん活躍したが、会員の老齢化に伴い、2~3年前に解散した。

バストス婦人会ニュース 2007年3月13日

    バストス日系文化協会傘下のバストス婦人会は、約120人の会員を容し、その平均年齢は64才とか言うことであるが、 50~60才の会員が全体の49%を占める元気溌剌たる、一大勢力団体である。故に活動も活発で次から次へと新しい試みを手がけている。 絵画教室、太鼓、手芸等のほかに「睦み会」と言う老人のボケ防止と慰安を兼ねた活動も毎月催している。この会員資格は70才以上の男女 ということであるが、今のところ集まるのは女ばかりなので、男にも集まって貰おうと今度、パソコン教室、碁、将棋、撞球などの器具も取り揃えた。 何しろもう子育ても終わり、エネルギーと暇を持て余している年代の婦人会だから何事もテキパキとこなして行く活動ぶりは驚くほどであるが、 この中に唯一人の男、顧問でもあり、マネージャー役の畑山耕一氏はエネルギッシュな婦人会に振り回されながらも、結構楽しそうに 活動資金つくりと企画を担当し、頑張っている。

    資金つくりと言えば、婦人会は去る日曜日(3月11日)に古着やケーキなどを集め即売店を開いたところ、 あっ!と言う間にほとんど売り切れ、R$2.500.00レアール(約US$1.100.00)の純益を挙げた。
  

7/29 2007年 第五回
よさこいソーラン祭り大会
by Shinji Nagabe
1/19 新年宴会の準備
1/18 絵画教室
1/16 初稽古:
踊りの練習
広告募集
広告募集
広告募集

(C)2006 ASSOCIAÇÃO CULTURAL E ESPORTIVA NIKKEY DE BASTOS
住所:Rua Adhemar de Barros, 466 - Bastos - São Paulo - Brasil
郵便番号:CEP 17690-000 - Tel.: 14-3478-1209 - Fax: 14-3478-1585
e-mail: bastos@acenba.com.br