カニーバルと文協に就いて

    一昨日よりカーニバルが始まったが、町は静かでブラジル最大のお祭りと云う感じがしない。 クリスマス、年末と比べると町の雰囲気が静か過ぎるように感じる。多分町の中に2ケ所有る会場に皆んなが集まるので町の中は 普段より静かに感じる。

    50年程前は、カーニバルには仮装用具等を用意してお祭りの来るのを 待っていた程だった。その頃はバストスの人口の殆どが 日系人で、お祭りにはカーニバル女王が立ちその候補者の殆どが日系のお穣さん達だった。バイレの会場には、若者達に混じって 結構中年層の参加も有り、殆どが日系人で3日3晩大変な雰囲気の中での賑わいで過ごし、若い者でもお祭りの翌日には足腰が痛く、 カーニバル後遺症で翌日の仕事に差しつかえる程だった。

    当時は日本人会だったが、主催は日本人会で当日のテーブル券、入場券等は前売りを買わなければ、 当日券は買えない事も有った程 だった。その上カーニバルの女王選出での投票券売上等で、当時の日本人会には願っても無い大変な収入源だった。文化協会に成って からもこの状態は続き、会の年間の活動資金を稼げる良い機会だった。1990年頃から日系人のカーニバル離れが進み年々お祭りは 下火に成り、現在は文協は会館を貸すだけと成る。バイレの参加者も殆どがブラジル人で、往年の日系人が頑張ったその面影は全く 無くなった。振り返ってみると当時は大した娯楽も無く、お祭り好きの日本人には、カーニバルはストレス解消に打って付けだった と思われる。

2007年2月23日
バストス日系文化体育協会総務部

写真提供:山中三郎記念バストス地域史料館
(www.museu.bastos.sp.gov.br)





戻る

広告募集
広告募集
広告募集

(C)2006 ASSOCIAÇÃO CULTURAL E ESPORTIVA NIKKEY DE BASTOS
住所:Rua Adhemar de Barros, 466 - Bastos - São Paulo - Brasil
郵便番号:CEP 17690-000 - Tel.: 14-3478-1209 - Fax: 14-3478-1585
e-mail: bastos@acenba.com.br